年金の手続き

脱退一時金に係る手続きについて

  • 加算適用加入員期間が1年以上10年未満である方が、退職等により加算適用加入員の資格を喪失したときに支払われます。
  • 脱退一時金は、選択により①脱退一時金として受け取る方法と②将来、年金として受け取る方法の2通りがあります。
  • いずれの方法を選択するか「脱退一時金受給手続きのご案内」PDFおよび「支給義務移転のご案内」PDFをお読みのうえで決めていただき、「選択届」PDFに必要事項を記入し、署名・捺印のうえ基金事務局までご提出ください。

①脱退一時金を選択した場合の記入例PDF

留意事項

1.「基本年金部分についての選択」と「脱退一時金相当額についての選択」両方の項目について、必ず該当欄に○印を付してください。

2.脱退一時金として受け取る場合、この「選択届」PDFと以下の必要書類を基金事務局へ提出してください。
A.「一時金裁定請求書」(記入例PDF)および4枚目「退職所得に関する申告書」(記入例PDF
B.基金の発行した「加入員証」
C.「退職所得の源泉徴収票・特別徴収票」(会社から退職金の支払いがあった場合のみ)

脱退年金に係る手続きについて

退職年金は、皆様からの支給開始の手続き(裁定請求)により、基金の規約に基づいて年金額を決定します。「退職年金裁定請求書」PDF記入例PDF)に必要事項を記入し、署名・捺印のうえ、裁定請求書に書かれた添付書類と合わせて基金事務局までご提出ください。

なお、国の厚生年金保険等の年金証書(見本PDF)を送っていただく場合は、コピーでお願いいたします。

加入員の年金記録管理に係る提出書類

基金の年金記録管理に関しては、設立事業所のご担当者から届出を提出していただいております。ご協力をお願いします。

加入員の資格取得・喪失に関する届出

提出書類 提出が必要となる時期
加入員資格取得届(記入例PDF 事業所で、職員を採用または使用されたとき。
加入員資格喪失届(記入例PDF 職員が退職(または死亡)したとき。職員が在職中でも70歳に到達したとき。住所は必ず記入してください。
加入員氏名変更届 基金に届け出ている職員の氏名が変わったとき。
厚生年金保険法第128条の届
記入例PDF
各年金事務所の調査決定通知の都度、当基金への届出事項を確認のうえ、訂正事項があれば記録訂正に係る届出書類とともに、本届を提出ください。また、訂正事項がなくても、訂正事項欄「無」に○印を付し、本届を提出してください。
加算適用終了届 加算適用加入員が65歳に到達したとき。

報酬標準給与に関する届出

提出書類 提出が必要となる時期
加入員報酬標準給与月額算定基礎届 4・5・6月の給与をもとに、標準報酬月額の見直しを行うための届出。7月1日から10日までに提出。
加入員報酬標準給与月額変更届
記入例PDF
職員の固定的賃金が昇給(または降給)し、これまでの標準報酬月額に比し、2等級以上の差が生じた場合に提出。
加入員賞与標準給与支払届
賞与支払届総括表
職員に賞与を支給した場合に提出。なお、「賞与支払届総括表」は賞与の支給予定月に支払われなかった場合も、<不支給>欄に○印を付して提出。
育児休業等取得者申出書
(新規・延長)
加入員が育児休業等を取得したときに提出。なお、休業期間は養育する子の満1歳の誕生日の前日であるため、その後も育児休業等を延長する場合は、その都度「延長届」を提出する。
育児休業等取得者終了届 育児休業等取得後に、予定よりも早く育児休業等を終了する場合に提出。
育児休業等終了時報酬月額変更届 育児休業等を終了して、職場復帰後も3歳未満の子を育てている加入員が勤務時間を短縮する等の理由により給与が下がった場合に提出。

〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町16-6 香取ビル8F TEL 03-5642-6448 FAX 03-5641-3585